鹿児島でリフォームするなら「(株)ユニバーサルハウス」へお任せください。総合リフォーム、塗装、増改築、水まわりリフォーム、室内リフォーム、承ります。

  1. >

内装リビングリフォーム

「大好きな色を使った爽やかな空間」 S様邸 (鹿児島市吉田)

すっきりとしったデザインと統一感のある配色で、気になっていた「狭さ」 を払拭。清潔感あふれるキッチンは、キッチン側からもダイニング側からも利用できる便利な収納スペース付き。

~お客様の声~
正確な採寸から、他社では断られた内容でもスペースアップさんでは問題なく施工して頂けました。一つ一つ丁寧に説明して下さり、納得の上で工事を依頼でき ました。とても満足しています。今後共長いお付き合い宜しくお願いします。ありがとうございました。

~担当者の声~
現場調査には時間をかけ、お施主様の夢をなんとか実現できないものかと一所懸命取り組ませて頂きました。私自身も大満足のリフォームです。ダイニングの壁にはエコカラットを使用し、湿気や悪臭を吸収しながらもお部屋にアクセントを付けてくれます。 (古多部)

「家族の集まる温かいLDK」 E様邸 (鹿児島市錦江町)

リビングを広く設けることで、ご家族が集まるゆとりを実現。  自然素材の温かみと優しさがM様ご家族をそっと包み込んでくれます。

~お客様の声~
雑誌やテレビなどでこんな家にしたい!と思っていたのが、今はそれが叶い、毎日とても楽しく過ごしています。子供たちも温かく、広くなったリビングが大のお気に入りで笑顔が耐えません。思っていた以上の完成度に、中村さんには頭が下がる思いです。本当にありがとうございました!

~担当者の声~
可愛らしい奥様のご趣味や好きなインテリアなど詳しくたくさん聞かせていただき、「こんなガラスブロックもお好きだろうな」「これも似合いそうだな」と考えるのがとても楽しく、お打合せの時の奥様の笑顔がとても印象に残っています。 無垢材のフローリングは時間とともにそのお家独特の色合いになります。そんなお子さまの成長とお家の変化も楽しんでいただきたいと思います!ありがとうございました。 (中村)

「シンプルモダンにこだわって」 W様邸 (霧島市隼人町姫城)

高級感溢れるブラウンとホワイトのコントラストがとても美しいW様邸。 ピアノはリビング内の収納に入れ、シンプルかつ機能的な設計に。

~お客様の声~
担当の西島さんには何から何まで本当にお世話になりました。あんなにボロボロだった家が新築で建てたかのようにきれいになりました。また、デザインだけではなく耐震の事も考え、建築士の先生方も工事中は見に来てくださり安心してお任せできました。またお茶でもしに遊びに来てくださいね!

~担当者の声~
W様が以前お住まいだったお家を賃貸に出されるということをお伺いし、私がお借りすることに!これからは大家さんと店子という関係になりました。これからも末永く宜しくお願いいたします!(西島)

「シンプルモダンにこだわって」 W様邸 (霧島市隼人町姫城)

隠れ家のようでもあり、居酒屋のようでもある和室。  落ち着きのある空間で、大好きなお酒を今まで以上に気持ち良く頂けるムードのある和室がポイントです。

~お客様の声~
まず、主人の父親の形見であった欄間を再利用できたことにとても感動しています。職人さんも担当の竹浦さんも遠いところ頻繁に見に来てくださり、安心して工事をお願いできました。夜は欄間から漏れる間接照明の光がとてもいい味を出していますよ!またご飯食べにいらしてくださいね。ありがとうございました。

~担当者の声~
ご主人様のお父様の形見の欄間を利用して間接照明を入れたり、奥様がオーダーで作った引き戸を再利用するために敷居を加工したりとご家族様の愛情が詰まったいいお家ができました。また、大のお酒好きのご主人様。居酒屋のようなムード漂う和室でお酒を飾りながらじっくり呑んで頂きたいです!(竹内)

「思い出の旅館を思い出せる家」 O様邸 (霧島市吉野町)

無垢フローリングを敷き詰めた温かみのあるリビングはご家族様のくつろぎスペース。

~お客様の声~
工事前はどんな家だったかなと思い出せないくらい綺麗にかっこよくなり本当に嬉しいです!主人も車椅子生活をしなくてはならない状態から、杖をついて階段を上り下りできるようになりました。家もきれいになり、主人も回復してくれて、いいことばかりです。本当にありがとうございました。

~担当者の声~
今まで様々なリフォームに携わらせて頂きましたが、H様邸のリフォーム工事が一番ではないかと思うほど自信のデザインです。ご主人様ももちろんですが、ご家族皆様で快適に過ごせるようにと考えました。奥様のご主人様を思うすてきな気持ちを表現できました。これからも宜しくお願いします!

リフォームのお問い合わせ

このページの先頭にもどる